1 外国人技能実習制度

 外国人技能実習制度は、開発途上国の青壮年労働者を一定期間日本産業界に受入れ、我が国進んだ技術・技能・知識(以下「技能等」という。)を修得してもらう制度です。
 この制度は、日本語講習を含む一年間の実習終了前に、対象職種、作業に限り、技能検定試験、実習成果等の評価を受け、合格した者が更に2年間“在留”を延長する事が出来ます。
 したがいまして、日本の企業が技能実習生を受入れることは、技能実習生の母国の技術発展に寄与することになり、いわば、企業の力によって、国家間の技術交流を推進し、国際協力、国際貢献の重要な一翼を担っています。

 

2 実習生を受け入れるメリット

1.技能実習生受入れによって企業が活性化する。
 技能実習生はまじめで向上心が旺盛です。指導に対しても素直に聞いてくれます。日本人従業員にもよい影響を与え、企業の雰囲気を活性化してくれます。

2.中国との提携関係を作る礎になる。
 隣国中国と将来提携関係を持ちたい場合などに、帰国した技能実習生がその橋渡し役をしてくれます。また日中友好への貢献にもなります。当社では、帰国した技能実習生が中国企業へ就職できるよう斡旋に努力しております。

3.「人づくり」が企業の生産力アップに繋がる。
 指導員のもとで、計画性のある実務実習が行われている為、作業工程や手順書を見直し、作業効率の改善や生産力アップにも繋がります。実際にそうした事例があります。
 また当社では、技能実習生に対して、メンタルな面での指導管理、日本語教育、日本での生活指導などを定期的に行いますので、安心して技能実習生の技術指導に専念できます。また、入国前に日本語教育を含め4ヶ月間の事前講習を行いますので、安心して受け入れることができます。